●エドモントンかけ足市内観光

VIA駅が閉まっていてショックを受けた後、私たちはとりあえず市内観光をすることにした。外はどしゃぶりの雨だったが、一応エドモントンの街を見ておきたかったのだ。
私は以前、取材の途中で一泊したことがあるが、エドモントンは取材対象ではなかったため、本当に泊まっただけ。深夜に着いて、早朝5時頃に出ていくという、とんでもないスケジュールだった。せめて今回は主要なところを見ておきたいと思ったが、この雨では、車から見るよりほかないかもしれない。

最初に向かったのが、スカイリーチ・センター。ここは、日本のガイドブックにはまず出ていない。が、知っている人なら、一度は訪れてみたい所だろう。カナダの国民的スポーツとも言えるアイスホッケーのスーパーヒーロー、ウエイン・グレツキーがかつて在籍していたエドモントン・オイラーズの現在の本拠地である。
オイラーズはグレツキー時代に4回、NHL(北米アイスホッケー・リーグ)優勝を果たし、その黄金時代を築いた。グレツキーはそのキャリアの後半はアメリカのチームに在籍し、1998-99シーズンで惜しまれつつ引退したが、今でもカナダが誇る偉大なヒーローの1人なのである。

私は今回の旅で、NHLのカナダ・チームの全ホームリンクを見てくることを、一つの目標としていた。かつてはホッケー王国だったのに、今や経済的な事情から次々にチームのフランチャイズがアメリカに移ってしまい、現在カナダに残っているのはわずか6チーム。私がファン・サイトを持っているバンクーバー・カナックスはその1つだが、いつかは全チームのホームで観戦してみたいと思ったりしている。ただ実現できるか分からないので、せめてホームリンクだけは見ておきたいと思ったのだ。
カルガリーでは、フレームスの本拠地であるサドル・ドームを見てきたので、これで3つ目。あとの3カ所はみな東部にある。

スカイリーチ・センター(この名前、けっこう好きだな)を探してぐるぐるまわっていると「ウエイン・グレツキー・ドライブ」という名前の道路を発見! すごい! さすが地元のビッグ・ヒーローだ。
思った通り、その道がスカイリーチ・センターに通じていた。シーズンオフなので、今はひっそりしているが、シーズンが始まったら、毎回にぎわうんだろうな、このあたりは…。 オイラーズも2年ほど前、チームの存続が危うくなったが(やはり経済的な問題で)、地元の企業や有志らが出資しあって、なんとかエドモントンに留まることができたのだ。スカイリーチ・センターの建物には、スポンサーになっている大企業の名前が4つもくっついていた。

そのあと向かったのは、州議事堂である。 そう、エドモントンはアルバータ州の州都なのだ。
ここの議事堂はLegislature Buildingというのだが、Legislatureという単語を初めて知った。ブリティッシュ・コロンビア州の州都ビクトリアにある議事堂はParliament Buildingというので、他もみんなそうだと思っていたのだ。ここから“全州の州都と議事堂を訪れる”ということが、旅の目標の1つに加わった。それにしても、州議事堂って、どこもみんな同じような形をしている。

議事堂前の広場の隅に、ウクライナからの移民100周年を記念するモニュメントが建てられていた。アルバータ、サスカチュワン、マニトバの中央平原州は、ヨーロッパから多くの農民が入植したところだ。ウクライニアンはそのビッグ・グループの一つだが、当時ただの荒野だった中央平原を開墾して農地にするのは、並大抵の苦労ではなかった。3年開墾すればその土地を所有できるという条件だったが、極貧にあえぎ、厳しい冬の寒さと過酷な労働に耐え兼ねて、農地を去る者もなくなかったという。
そうした初期入植者の苦労の上に、現在の大穀倉地帯は築かれているのだ。

次に向かったのは、オールド・ストラスコナという一画。ここは19世紀末から20世紀初頭の町並みをそのまま残したアンティークなショッピング・エリアである。
が、この時、道路の片側が工事中。趣ある建物の写真を撮りたくても、すべてに工事用の車や用具がかぶってしまって、全然絵にならない。仕方なく写真はあきらめ、車窓から町並みを鑑賞するにとどめた。雨は小降りになったものの、まだ降り続いていた。

●ウエスト・エドモントン・モール

時間がなくなってきたので、市内観光を切り上げ、ウエスト・エドモントン・モールに戻る。
ここは世界最大のショッピング・モール。なにしろショップが800店以上に、レストランやファーストフードが110店以上。そのほか、ホテル、スケートリンク、ウォータースライダーと波の出るプールがあるウォーターパーク、実物大のサンタマリア号(コロンブスが乗った船)や潜水艦のアトラクション、イルカのショー、ミニ・ゴルフ、絶叫マシンもある遊園地ギャラクシー・ランド、映画館、カジノ、ゲームセンターなど、ありとあらゆる屋内エンターテインメント施設が集められている。ショップの顔ぶれは、バンクーバーのショッピング・モールとあまり変わらないが、これらのアトラクションは見る(する)価値ありだ。

残念ながら、この時は時間がなかったので、一通り見てまわるだけで精一杯だったが(それでもイルカのショーなどを見られたけど)、その後、アルバータ大学に留学したシュテファンの友達を訪ねて、私たちは再びエドモントンを訪れている。その時は、モール内のウォーターパークで思いっきり遊んでしまった。ウォータースライダー初体験の私だったが、10種類もあるうち、急角度の絶叫モノを除いて、全部トライしてきた。時間がある人には絶対おすすめ。寒い季節に行く人にもいい。


本ページの記事、写真、イラストなどの無断転載を固く禁じます。
全ての著作権は『ビューティフル・カナダ』の作者M.Okamuraに帰属します。