●野性動物

マリーン・レイクからジャスパーに戻る途中で、道端にビッグホーン・シープ (オオツノヒツジ)の群れがいるのを発見。
カナディアン・ロッキーには、数種類のシカ・ヒツジ系の大型野性動物がいるが、ビッグホーン・シープは角(つの)がクルンと丸まっているやつだ。角が木の枝のようになっているのがエルク(大鹿)、角が手のひらのように平べったくなっているのがムース(ヘラジカ)である。これらは、ハイウェイ沿いや水辺にいるので、比較的近くで見られることが多い。
高い山の崖にいるのがマウンテン・ゴート(シロイワヤギ)。角はまっすぐで短く、体は白く長い毛に覆われているので、すぐ分かる。

道路の右側にそのビッグホーン・シープの群れがいたので、手前で車を止めた。野性動物をこんなに間近で見るのは初めてのシュテファンは、少々興奮気味だ。でも、こういう時、大きな音をたてたりして、動物たちを刺激してはいけない。

私はカメラを、シュテファンはビデオを出して、撮影しようとした時、群れから離れて私たちの車の後方にいた、ひときわ大きな角を持つ1頭が、群れの方へ動き始めた。車のすぐ脇を歩いてくる。つまり私が座っている側である。思わず息をひそめたその時、なんとシュテファンが、運転席側のスイッチで私の横の窓を開けてしまった。しかも全開!

超あわてる私。でも声を出したら刺激しそうで、声を出せない。そうしているうちに、そのビッグホーン・シープは、トコトコと窓の横までやってきた。完全に固まる私。

なぜかというと、野性動物の危険性を、私は何度もロッキーのガイドさんから聞いているからである。特に絶対近づいてはいけないのが熊。ここにはブラック・ベアとグリズリー(灰色熊)がいるが、グリズリーは非常に狂暴だそうだ。ハイウェイ沿いの森の中にいるのを見たとしても、決して車を降りてはいけない。写真を撮るなら、車の窓を必要最小限だけ開けて撮ること。いつアタック してくるか分からないからだ。
エルクもけっこう危険で、あの大角で人に向かってくることがある。特に5・6月と9・10月の発情期は要注意。現地でもらった国立公園のガイドブックによると、エルクとは少なくとも30m(バス3台分の長さ)、熊とは100m(同10台分)の距離をいつも保つこと、という注意書きが出ている。 もちろん、食べ物の残りなどを置いてきてはいけない。食べ物のゴミ、空き缶、空き瓶、ペットフードの残りもだめ。歯磨きや香りのする石鹸もいけない。これらは熊を呼び寄せてしまうのだ。

以前、取材に行ったアメリカのヨセミテ国立公園のことを思い出してしまった。
公園内のヴィレッジにも、頻繁に熊が出るらしく、特に駐車場の車が襲われるケースが多かった。泊まったロッジのメイン・ロビーには、警告の貼り紙と、無残にも窓をメチャメチャに壊された車の写真が何枚も…。思わずゾォ〜ッとしてしまった。もし人間が乗っていたら、どんな結果になったか、目に見えている。車だけでよかったと思うべきなのか…

これらは、持ち主が車の中に、食べ物の残り、食べ物の袋、飲み物の缶などを置きざりにしておいたのが原因だった。熊は夜の間に山から下りてきて、これらをあさるのだ。味をしめた熊は、何度も出てくるという。だから、ロッキーでも、熊にそういう癖をつけないための注意を喚起している のである。

そういえば、自然の中の観光地だけでなく、ジャスパーの町の中にあるゴミ箱も、みんな熊が空けられないような仕掛けになっていた。ゴミ箱を利用する時は、必ずフタをきっちり閉めることを忘れずに。町中といえども危ないのだ。

熊やエルクほど危険ではないにしても、ムースやビッグホーン・シープにも、必要以上に近づいてはいけない。野性動物がいつどのような行動に出るか、誰も予測はできないからだ。
以前テレビで、ビッグホーンの雄同士が、角をぶつけあって戦っているのを見たことがあるが、その迫力の凄まじかったこと! だから、私は固まってしまったのである。もしこの1頭が、私たちの車に危険を感じ、群れを守ろうとしていたら、この全開の窓から(しかもちょうどビッグホーンの頭の高さ)、角を突っ込んで攻撃してくるかもしれないのだ。

息を止めて固まること数秒・・・。
幸いにも、ビッグホーンは、そのままトコトコ群れの方へ歩いていってしまった。やっと呼吸をする私。
隣ではシュテファンが、ノーテンキにも、その一部始終をビデオに納めていた。
後で見たら、私は本当にひきつった顔で固まっていた。彼には事前に話しておくべきだったー。

●ジャスパーにさよなら

それから急ぎジャスパーまで戻って、再びインフォメーションへ。今度はアイスフィールド・パークウェイのマップとレイク・ルイーズ周辺のアコモデーション情報を仕入れる。レイク・ルイーズのユースホステルはいっぱいで、安いアコモを探した結果、エメラルド・レイクに近いWest Louise Lodgeがとれた。ここはヨーホー国立公園になるので、アルバータ州ではなくブリティッシュ・ コロンビア州になる。そのせいか、朝食付きでC$59(1部屋)と、昨日のジャスパーの宿より安かった。

今日の寝ぐらを確保できて一安心。その後、ガソリンを満タンにし、ファーストフードの昼食をとって、いざ出発。時すでに午後1時半。とりあえず、今日はコロンビア大氷原の観光ができればいい。あとは宿まで帰るだけにして、レイク・ルイーズや周辺の湖は明日見ればいいのだ。なんとかなりそうかな…

ジャスパーの町を去る時、昨日のぼったウィスラー・マウンテンが右手に見えてきた。ゴンドラと山頂のステーションがはっきり見える。きれいだったな〜、頂上からの眺め。ムルメリもマウンテン・チキンも見られたし…。
幸先よくビッグホーン・シープの群れが見られたが、これから行くアイスフィールド・パークウェイでは、さらに多くの野性動物が見られるはず。
楽しみ〜〜〜


本ページの記事、写真、イラストなどの無断転載を固く禁じます。
全ての著作権は『ビューティフル・カナダ』の作者M.Okamuraに帰属します。