●パトリシア・レイクとピラミッド・レイク

ウィスラー・マウンテンを下りた後、再びジャスパーの町を通って、反対側にあるパトリシア・レイクとピラミッド・レイクに行った。町の北西に見える「いかにも…」という形の山がピラミッド・マウンテンで、その麓にピラミッド・レイクが、さらに手前にパトリシア・レイクがある。町からは車で10分足らずだ。

この2つの湖では、釣り、乗馬、カヌー、ウィンドサーフィンなどが楽しめるが、あまり観光客向きではない。どちらかというと、地元の人用のリゾート地である。州内あるいはカナダ国内から、夏場を自然の中でのんびり過ごすために来る人が多い。ピラミッド・レイクの方には、きれいなログキャビン風のコテージがあり、ショップとレストランが1軒ずつあるが、「カヌーとかぁ乗馬した〜い」なんて感じで行くと、拍子抜けするかも。あまり時間がないなら、カットしてもいい所だ。それに湖まで行く公共の交通機関がない。

しかし、シュテファンはこういう湖の方が好きみたいだった。なーんにもないパトリシア・レイクで「きれい!」を連発。そりゃあ確かにきれいだけど、本当になーんにもないし、だいいちもう夕暮れ時で景色がかすんでいる。昼間だったら、もっと緑もきれいだろうけど…。

何にもないので、そのままピラミッド・レイクまで行く。小雨がぱらついてきたが、車から出て湖畔まで行ってみた。パトリシア・レイクよりピラミッド・レイクのほうが大きく、アクティビティも多い。

桟橋の先端まで行き、湖のほうを眺めていると、びっくりするものが目に入った。水面から魚が1m近くジャンプしたのだ! 
うっそーーー! どうやったら魚があんなに高く飛び上がれるわけ? 
たぶんトラウト(鱒)だと思うけど、けっこう大きかった。

もう一度見たいと思い、ずーっと眺めていたが、それ1回だけだった。釣りをする人は、時々見られるのだろうか? 

なんだかここは、すべての動物が生き生きしているような感じがする。ウィスラー・マウンテンのライチョウも、このジャンプしたトラウトも、私にとっては実に感動的なシーンだった。

●プライム・リブ

ジャスパーに来ると必ず寄ってしまうレストランがある。それがTonquin Prime Rib Villageだ。町の北にあるTonquin Innというホテルのレストランで、極上のアルバータ・ビーフが食べられる。この日の夕食もそこへ行ってしまった。もう4〜5回目である。

初めてジャスパーに取材に来た時、ここでプライム・リブを食べたのだが、その肉の柔らかさとジューシーさは、それまで食べたどのビーフより美味しかった。そもそもプライム(最上級の)・リブという部位があることさえ知らなかった。以来、忘れられぬ味となった。

2度目に行ったのは、姉と旅行した時だった。私がカナダへ来て2カ月半たった時、姉が2週間の夏休みをとって訪ねて来たので、2人で西部カナダを旅行したのだ。ロッキーへはVIAで来て、観光バスでまわり、夜行バスで帰った。ビクトリアにも行った。それまでホームステイで質素に暮らしていた私は、ここぞとばかり、各地で美味しいものを食べまくった。姉がけっこうご馳走してくれたし…。
最後に姉に、どこの食事がいちばん美味しかったか聞いてみたら、答えはTonquin Prime Rib Villageだった。それからは、ますます自信を持って人にすすめている。

私はいつもプライム・リブをオーダーしてしまうが、これはたしか長時間かけてローストするという調理法だったので、普通のステーキの方が好きな方にはTボーン・ステーキやBBQリブなどのメニューもある。でも別にこだわりがないなら、やはりプライム・リブを試してみることをおすすめする。ここはジャスパーで“プライム・リブのオーソリティ”と呼ばれているレストランだからだ。それに、日本ではあまりお目にかからないメニューだと思うし。

お値段はC$21.25なり。それだけの価値は絶対ある。
人気のレストランなので、シーズン中は予約したほうがよい。

Tonquin Prime Rib Village
Juniper Street, Jasper
Tel : (780) 852-4966


本ページの記事、写真、イラストなどの無断転載を固く禁じます。
全ての著作権は『ビューティフル・カナダ』の作者M.Okamuraに帰属します。