●BC州のロッジに泊まる

コロンビア・アイスフィールドから、私の運転で今日の宿に向かう途中、ペイトー・レイクに立ち寄ったが、駐車場が雪に閉ざされている。空は明るいけど、もう9時半だったので、明日また来ることにした。レイク・ルイーズから30分なのだ。

次にボウ・レイクの横を通ったら、なんと表面に氷が張っている。6月のカナディアン・ロッキーはまだまだ寒い。凍ったボウ・レイクは初めて見た。

もう10時になってしまったので、今日宿泊予定のWest Louise Lodgeに向かった。1号線に入ったら、とたんに交通量が多くなり、大型トラックがバンバン走っている。あまりスピードが出せない私は、ここでまたシュテファンにバトンタッチ。あんなデカイのにあおられたら恐い。

しばらく行くとブリティッシュ・コロンビア州に入った。今日のロッジは、ヨーホー国立公園内なので、BC州なのだ(カナディアン・ロッキーのメイン観光地はアルバータ州内)。なぜか喜ぶシュテファン。私もほっとした気分になる。私たちはBC州民だものね。

ロッジは思ったよりきれいだった。ロッジといってもモーテルみたいな感じだが、室内プールまであって、設備はいい。まだローシーズン・レートだったせいもあるが、これで1泊朝食付きC$59(2人で)は安い。ただし、税金が加算されるとC$67.85になる。 フロントの兄ちゃんは、明日も延長したかったら泊まれるよ、と言っていた。残念だが、明日はバンフに行かなければならない。

ここでふと気になった。BC州ってことは、時間を1時間戻さなければならないのかな? その兄ちゃんに聞いたら、ここは山岳時間帯でロッキー内と同じだそうだ。BC州のゴールデンという町までは、ロッキータイムなんだって。

明日はまたペイトー・レイクまで戻らなければならないし、レイク・ルイーズとモレーン・レイクにも行くので忙しくなりそうだ。でも、走っているだけで楽しいな(と運転してみて思った)。


本ページの記事、写真、イラストなどの無断転載を固く禁じます。
全ての著作権は『ビューティフル・カナダ』の作者M.Okamuraに帰属します。