●カナダ横断計画 origin

陸路でカナダを横断したいと思い始めたのは、いつ頃だっただろうか。初めて取材でカナダを訪れた後から「いつかは…」と思っていたので、もうかなり昔のことになるようだ。
陸路で…というのは、単純に地面の上を通ってその長さ・広さを実感したいという気持ちからだったが、今思うと、その最初の取材の時に、動機付けになったと思われる場所に立ち寄っている。それは、ビクトリアにある「マイル・ゼロ (Mile 0)」というポイントだった。

「マイル・ゼロ」は、カナダを横断するトランス・カナダ・ハイウェイの起点となる場所で、ビクトリアのビーコン・ヒル・パークという公園の中にある四角いコンクリートの碑である。たしか現地ガイドさんがいて (もうそれすらウロ覚え)、ここが西の起点であり、カナダの東端ニューファンドランド州のセント・ジョンズという町に、もう一つの「マイル・ゼロ」の碑があるという説明を受けた。

その瞬間、私の心はまだ見たこともない東の果ての町に飛んでいった。その町のどこかにポツンと建っている、ビクトリアの碑と双子のような「マイル・ゼロ」の碑を頭に思い描いた。そして、その2つを結ぶ長い長いトランス・カナダ・ハイウェイを…。

たぶんその時だろう、「いつかは…」と思ったのは。
いつかもう一つの「マイル・ゼロ」も見てみたい、いつか起点から起点まで旅をしてみたい、いつかトランス・カナダ・ハイウェイを全部通ってみたい、と。

その思いを抱えたまま、時間はどんどん過ぎていった。
幸いなことに、仕事でもプライベートでも、カナダを訪れる機会は増えていったので、多くの都市や観光地を見ることができたが、横断のチャンスはなかなか訪れなかった。それでも、頭の中では、時々架空の計画を練ったりしていた。

横断するとしたら、私は一人旅しか考えていなかった。友人たちは仕事ばりばりで忙しいか、結婚して子育てをしている最中で、悠長に大陸横断など考えてはいられなかった。年齢的にそういう時期だったのである。私も忙しい一人だったし…。

一人旅だとしたら、VIA鉄道を使って横断するしかない。一人で何週間もドライブするなんて嫌だし、だいいち危険だ。それに私、実はずーっとペーパードライバーだったのである(^_^;)。だから“マイル・ゼロを結ぶトランス・カナダ・ハイウェイの旅”計画は自然…というより必然消滅し、VIA鉄道横断計画がずっと私の頭の中を占めていた。

ところが、今回の旅は一人旅でもなかったし、VIAで横断でもなかった。また、車でマイル・ゼロでもなかった。さて・・・


本ページの記事、写真、イラストなどの無断転載を固く禁じます。
全ての著作権は『ビューティフル・カナダ』の作者M.Okamuraに帰属します。