●アコモデーション

私たちが泊まったのは、Greenwood Lodgeという名前のHome Accommodationだ。場所は、駅やバスデポから少し離れているが、歩いても10分くらいだ。
空いていたのは1階のスイートルームで、料金は1泊C$70だった。これは2人使用の場合の1室料金である。スイートといってもホテルのそれのようにゴージャスなものではなく、ベッドルームと、通路をはさんで反対側に浴室があるだけ。以前取材に来た時は、このベッドルームの奥にもう1室あって4人でスイートとして使うということだったが(そのために浴室が独立している)、今回は中間のドアが閉まって仕切られていた。私たちだけの使用だったからだろう。
ただ、オーナーの住まいのスペースとは完全に切り離されており、出入口も裏庭に専用のドアがあるので、自分たちだけの空間になり、けっこう落ち着ける。このほかに、ベーメント(半地下)に2部屋ある。

部屋にはクィーンサイズのベッド(ダブルよりちょっと大きいベッド)とテレビ、テーブルの上にコーヒーメーカー、電気ケトル、コーヒー&紅茶、シュガー、クリーム、カップ類が備えられ、冷蔵庫もある。パンでも買っておけば朝食はここで食べられるし、お湯を沸かせるので、カップ麺や簡単なテイクアウトの夕食もとることができる。ジャスパーのHome Accommodationは、朝食は出さないが、このように部屋でお茶できる設備のある宿がほとんどだ。また共同のフルキッチンを備えている所もあり、そこでは調理器具と設備が揃っているので普通に料理ができる。ビンボー旅行の人は、こういうところで食費を節約できる。

浴室はきれいでバスタブがついていたので、思いっきり湯船につかってしまった。一昼夜の汽車旅の疲れをとるには、これがいちばんだ。

そうそう、このHome AccommodationやB&B(ベッド&ブレックファースト)には“Shared bath(共同浴室)”も多いが、共同…のイメージと違って、みんなきれいで掃除も行き届いているので、節約したい人はShared bathの部屋にすれば、料金が安くなる。バスタブ付きも意外に多い。

★Greenwood Lodge
 104 Geikie Street, Jasper
 Tel : 780-852-5099 Fax : 780-852-7048
 E-mail : gkb91@hotmail.com

●おすすめのHome Accommodation ジャスパー編

★Angels on Aspen
 2B Aspen Crescent, Jasper
 Tel : 780-852-3749 Fax : 780-852-3266
 E-mail : lulo@telusplanet.net
 Homepage : http://www.telusplanet.net/public/lulo/index.html

☆駅からちょっと歩くけど、めちゃくちゃ内装に凝ったアコモデーション。名前の通り、天使のオーナメントが部屋や廊下にあふれている。ファブリックのたたみ方やタオルの掛け方もシャレていて、崩すのがもったいないくらい。うれしいことに、コンチネンタル朝食付きだ。早朝出発の人には、朝食を持って行けるようパックに入れて用意してくれる。3室(ツイン、クィーン)、シェアバス、テレビ、コーヒーメーカー、トースター、冷蔵庫、電子レンジ。C$65〜85(2000年のレート)

★Judy & Roger's Home Accommodations
 726 Patricia Street, Jasper
 Tel : 780-852-5035 Fax : 780-852-7048
 E-mail : smolnick@telusplanet.net

☆駅から徒歩5分、白と緑のかわいい外観の家だ。ベースメントに6室(シングル、ダブル)あり、シェアバスのみだが、共同スペースにキッチンがあって冷蔵庫と電子レンジが付いている。裏庭にゲスト専用入口がある。C$60〜(同上)。隣が例のセクハラおやじの宿なので要注意。

●ジャスパーのHome Accommodationを探せるサイト

ジャスパーの観光案内サイト
http://www.visit-jasper.com/JHAA.html

カナダのB&Bのリスト(ジャスパーのページ)
http://www.bbcanada.com/jhaa.html


本ページの記事、写真、イラストなどの無断転載を固く禁じます。
全ての著作権は『ビューティフル・カナダ』の作者M.Okamuraに帰属します。